長財布vs二つ折り財布、それぞれのメリットデメリット

長財布のほうが紳士的とか、二つ折り財布のほうがコンパクトで持ちやすいとか、よく耳にする財布論争。
最近では本の題材にまでなって、とどまるところを知りません。
さて、あなたはどちら派!?

長財布派の主張

エグゼクティブな人たちは、たいてい長財布を持っています。
理由は、収納力ももちろんですが、やはりサマになるステータス感のためのようです。
確かに、尻ポケットから二つ折り財布を出すよりは、懐からスッと長財布を出したほうがスマートですよね。
特にココマイスターのような高級革の長財布なら、ブランドを主張せずに一目で上質の革とわかり、初対面の人にも安心感を与えます。
ジェントルマンとして振舞うなら、長財布に軍配が上がります。

それと、中身が見やすいので、残金確認やカードの取り出しがすぐにできて、使いやすいという意見もあります。
また、長財布のほうが革に負担がかからず、長持ちするというメリットもありますので、お財布を大切にする人にはいいですね。

そして、よく言われているのが、長財布はお札を大事に扱うことになり、お金が貯まりやすいということ。
なんでも、二つ折りにされてしまうと、お金が窮屈に感じ、逃げ出していくそうなのです。
なんだかちょっぴりスピリチュアル!?
でも、社会的に成功している人は、たいていこのようなジンクスを守っています。
マネしてみるのも成功の第一歩かも知れませんよ。

デメリットとしては、やはりポケットでもバッグの中でも場所をとるということでしょう。
スーツでなければ、長財布をポケットにポンと入れて手ぶらで気軽に、とはいきませんよね。

二つ折り派の主張

二つ折り財布は、お札も小銭もカードも収納でき、ズボンのポケットにも収まる、とても便利なアイテムです。
近所へのお出かけでしたら、手ぶらでOK!
そして、財布の中身を覗き見されにくいので、今日はちょっと持ち合わせが少なくてハズカシイ、というときにも安心です。
利便性を求めるなら、二つ折り財布は最強でしょう。

ただ、小銭やカードが増えていくと、かなり厚みが増して使いにくくなっていきます。
ポケットに入れても、財布自体もそうですが、服を傷める原因にもなります。
よく、ジーンズのポケットが、財布の形に色落ちしたりしているのを見かけますよね。
あまり分厚くなっていくようでしたら、カードケースを別に携帯するとか、レシートやサービス券はこまめに処分するとか、きちんとメンテナンスをして財布をいたわってあげましょう。

どちらを選ぶか、最終的には好みの問題になりますが、年齢が上がって社会人として信頼を得るならば、やはり長財布は持っていて損はないアイテムです。
オン、オフで使い分けるのもいいですね。

ページの先頭へ戻る